埼玉県さいたま市 交通事故・むち打ち・後遺症の治療 信州整骨院の南浦和、坐骨神経痛はお任せ下さい!

トピックス
  • mixiチェック

南浦和、坐骨神経痛はお任せ下さい!

■2015/08/19 南浦和、坐骨神経痛はお任せ下さい!
坐骨神経痛とは・・
坐骨神経痛は人体最強の強さと太く長い神経です。
第4、5腰神経と第1〜3仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って大腿後面を下行します。つまり坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症する疾患です。

原因・・
・年齢により異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋

 症候群が挙げられます。
・腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激に発症し、ほとんどの場合は片側の坐骨神経痛が
 出現しますが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもあります。
・梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動
 でストレスが加わり発症することが多いようです。
・一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、
 また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。
・その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられます。

症状・・
・おしりから太もも、ふくらはぎにかけて痛みやシビレがある

・動き出そうとすると痛みやシビレが出る
・痛みやシビレで歩行がつらくなり、筋肉が落ちてしまう
・寒い冬の時期に発生することが多い

治療法・・

保存療法:坐骨神経痛の多くは、筋肉が神経を圧迫する事が原因で起こるものがほとんどであり、保存療法で手技や温熱慮法で循環を良くしていくことで症状が緩和されます。
手技療法:おしり周りの筋肉をほぐしていくことが坐骨神経の圧迫を軽減させていきます。
運動療法:おしりや腰まわりにある筋肉をよく伸びるようにストレッチをしていくのがよいでしょう。入浴後に行うとさらに効果は倍増します。
温熱療法:患部を温めると循環がよくなり、痛みは若干軽減されます。
冷やすと筋肉が収縮してしまうので、冷やさないように工夫していくとよいでしょう。
夏であれば薄着し過ぎないようにする、冬だと冷やさないようにホッカイロなどを用いて温めていきましょう。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
信州整骨院
http://www.shinsyu-seikotsuin.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県さいたま市南区南本町2-5-15-102
TEL:048-864-5400
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/N0pnnd
Twitter:http://goo.gl/xSGZK9
mixi:http://goo.gl/9TsDTm
アメブロ:http://goo.gl/7ljTtC
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
信州整骨院 埼玉県さいたま市南区南本町 お問い合わせ