埼玉県さいたま市 交通事故・むち打ち・後遺症の治療 信州整骨院の手がパーのようにうまく開けない・・

トピックス
  • mixiチェック

手がパーのようにうまく開けない・・

■2015/07/10 手がパーのようにうまく開けない・・
手掌腱膜の肥厚収縮(手のひらの中にある腱膜と呼ばれる繊維組織の束が縮んでしこりのようになる)、指の屈曲拘縮を起こし多少痛みを生じます。
薬指や小指から症状は始まり、ゆっくり進行します。皮膚がひきつれて、指を伸ばしにくくなります。最終的には指を伸ばすことができなくなり、鷲手と呼ばれる変形をおこします。手のひらの皮膚は、皮下の手掌腱膜と密に連絡し移動性が少なく、これによりものがつかみやすくなっているのです。
手掌腱膜の線維が増殖、肥厚収縮して、手のひらに硬いひも状のもの(索状物)ができ、やがて指は曲がったまま動きがわるくなるものを、デュピュイトレン拘縮といいます。

詳しい原因はわかっていません。遺伝性の疾患といわれていますが、遺伝子の異常があっても必ず発症するわけではありません。40歳以上の男性に多く、薬指、小指がおもにおかされます。アルコール中毒や糖尿病の方、てんかんの人に発症率が高いようです。男女比は7対1くらいです。約50パーセントは両手に発症します。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
信州整骨院
http://www.shinsyu-seikotsuin.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県さいたま市南区南本町2-5-15-102
TEL:048-864-5400
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/N0pnnd
Twitter:http://goo.gl/xSGZK9
mixi:http://goo.gl/9TsDTm
アメブロ:http://goo.gl/7ljTtC
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
信州整骨院 埼玉県さいたま市南区南本町 お問い合わせ